2013年01月06日

「引き受け合える」

新年が明けました。平成25年です。
昭和はついこの前のように感じているのですが平成も既に四半世紀。光陰矢のごとし、早いものです。

昨年の3月で我が家は結婚20年でした。お兄ちゃんは高3受験生で、年末年始もお勉強中。友紀野も生きていれば中3ですからW受験でピリピリしていたのかも。末っ子は中1で新しい学校生活にも慣れて楽しんでいるご様子。こども達の年齢を考えれば確かにこれだけの時間が過ぎたんだなと改めて感じます。

年末の記事でしたが、作家の村上春樹さんがインタビューで結婚について、「お互いに引き受け合えるのが結婚のよいところ」と答えておられたのが印象に残っています。「相手の立場に立って」というような、よく聞く言葉で留まってしまわず、より日常的で身近に感じられ、しかもとても控え目な表現で温かさも感じます。

正確な表現ではないかと思いますが、聖書で「求めることより、与えることができる人は幸いである」という教えがあります。普遍的な教えで大切だなと思います。その反面、ややもすると、様々な活動や仕事を通じて世の中にお役に立ちたいという思いが、ついつい「与える」という行動志向のみになっているのではないかと、この「引き受け合える」という言葉が気付かせてくれたと感じています。

よくよく考えれば当たり前のことなのですが、一方的に与えるのではなく、何かを引き受ける。しかもお互いに。だから「引き受け合える」と表されたのだと思います。直向きで謙虚に臨みたいものですね。

ご近所の熊野神社で引いたおみくじには、「まわりからの引立てで活躍の場が広がる。ただし、驕ってはいけない。謙虚な気持ちを忘れずに。」とありました。何だか心の内を見られているようで驚きながら、仰るとおりだと、思わずおみくじに向かって呟きました。

昨年は、秋ごろからトラブルプロジェクトの応援に駆り出されたりしたこともあり、いつにも増して多忙でした。連日のように仕事で深夜帰宅、睡眠時間3-4時間という忙しい日々が続くと、本来丁寧に進めたいことであればあるほど時間を取ってじっくりとと思いつつ、結局、時間(締切)という絶対優先度に縛られて事務的になっていたり、目的と手段の区別を見失っていたりと、反省することばかりです。

全てに完璧を目指すことはできないのですね。イチ・ゼロの考えでなく、半分より多い51%で充分という位の心構えで、様々なグラデーションのある中から本質を知り判断ができるよう、今年は「引き受け合える」を念頭に置いて努めて臨みたいと思います。

写真は、鎌倉にある「元八幡宮」です。今年初めてお参りしてきました。
130102.jpg
鶴岡八幡宮の元にあたるお宮です。ここに源氏の氏神を祀った源頼義(源頼朝の5代先祖)も、後年子孫が武家政権を鎌倉に興すとは思ってもみなかったでしょう。小ぢんまりとしたお宮ですが、由緒がありしかも混んでおらず穴場スポットです。

投稿者 ゆきの父 : 20:48 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年01月01日

”彰往考来”

昨年は誠に災害の多い年であったと思います。3.11の大震災と原発事故、台風12号による被害、海外ではタイの洪水がありました。多くの方が復興に尽力され、直後から徐々に時間を経てニーズも問題もその質と量が移り変わっていくことが伝えられました。そしてその変化に対応すべくいろいろな活動が継続しておられます。本当に頭の下がる思いです。

自分にできることなど本当に小さなこととはいえ、物資運搬のお手伝いや節電、落ち着いた行動、日常生活や仕事をきちんとこなし社会活動の一端を担うことなど、平凡といえば全くその通りですけれど、その積み重ねが大切であろうと思っています。

昨年11月に部内の他プロジェクトの応援に参画してから仕事がとても忙しくなり、夜中は2時、3時まで、休日も仕事という状況で年の瀬を迎えました。お蔭様でこのお正月はゆっくり過ごすことができたので心身ともにリフレッシュして新年の仕事始めに臨めそうです。

その多忙な仕事の中で、”彰往考来(しょうおうこうらい)”という言葉に出逢いました。これまで歩んできた道のりをあきらかにして、これから進み行く先を考える、というような意味とのこと。孔子が編纂した歴史書『春秋』の注釈書である『春秋左氏伝』に出てくる言葉とのことです。

歴史や先人の知恵に学ぶという意味では、”温故知新”がありますので、似ているなと思いながら辞書など紐解いてみた自分なりの解釈としては、温故知新がどちらかというと”点の情報”で、彰往考来が”線の情報”というイメージを持ちました。結果とプロセスと言い換えてもよいかと思います。

結果は勿論大切ですけれど、そこに至るプロセスがあってこそですから、過去を振り返って未来を考えるときに、何を為してきたのか、そしてこれから何を為していくのか、という視座で考える彰往考来という言葉にとても腑に落ちる感覚を覚えています。

原発問題も社会保障や財政の問題も、卑近ではありますが、目の前の仕事の問題も、それを紐解いていくときに大切な姿勢を与えてくれる、正に先人の智恵ではないかと思います。

元日、家族で揃ってご近所の氏神様へ初詣へ参りました。名古屋の母も出てきてくれていたので一緒です。
120101.jpg
参拝の後、鎌倉の銭洗弁財天にも詣でました。しっかりお金を洗ってお参りして、さっそく帰りにその浄財で鶴岡八幡宮前の商店街でお買い物です。お金は使うためにあるので、きちんと使って経済活性化にも貢献しないとね。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿者 ゆきの父 : 18:27 | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年03月21日

震災復興に向けて

一年以上更新しておらずご無沙汰いたしておりました。今回の大震災で職場の対応や救援物資ボランティア、震災と原発の情報収集をするうちに、何か書き留めておかなければという思いにかられ更新しています。

改めてここをご覧頂いている皆さま、そして、ご実家や親類縁者ご無事でしょうか?

本当に大変な災害です。「3.11」という日付の前と後で明らかに世界が変わってしまいました。ほんの僅かばかりの想像力でも、報道されていない本当の現場を思い浮かべるだけで居た堪れなく苦しく感じます。骨髄移植を控えた患者さんが移送されたという話もあって、無事で本当によかったと思います。

今回の大震災に関して阪神淡路大震災で被災された方々がたくさんの情報発信をなさっておられ、そうした書き込みを読むうちに、自分にとって共感を覚える(言ってしまえば辛い思い出)が甦ってきました。それは、震災とは別の話になってしまいますが、友紀野がJMMLと判ったときも、闘いきれずお空に帰っていったときも、“同じ立場になった者どうしなら分かり合える”ことが、そうでない立場の方から向けられる“よかれの思い”をまとった言葉に深く傷つけられたという経験です(しかもそれは身内からだったりします)。それは「被災者の気持ちを被災していない人にも理解してもらえると期待してしまった自分への嫌悪」という趣旨の書き込みを今回見つけたときに強く感じたのです。

そんなことを思いながら、自分に何ができるだろうかと問いながら過ごしています。救援物資のボランティアは、長男が通う学校の聖書研究会(ミッションスクールなんです)のオヤジ達が有志で参加したもので、その研究会の先生が「リーダーは希望を失ってはいけない」と仰られ、戦後のマイナスから立ち上がってきたこと、阪神大震災だって10年かかったけど復興したこと、今回だって必ず復興すると、今度はあなた方の世代の番ですと、励ましてくださいました。この言葉をむねにまた明日から仕事先でも地域活動でもそして家庭においても、平常心でがんばって参ります。

さて、この一週間ほど、震災関連のネット情報を見ていて、玉石混交なのですが、その中でも自分で一定の評価を感じた書き込みについてご紹介させて頂ければと思います。状況が日々変わりますので、いつ書かれたかも分かるよう日付毎に列挙します。

ここに書き込まれていることが正しいとか正しくないとかを断ずるためではなく、周りの情報を鵜呑みにするのでなく、自らが考えるときの視座・視点として参考になれば、という思いです。

計画停電の中、明日からの仕事もいかに工夫して乗り越えられるかが試されます。おそらく夏場はもっと厳しい電力不足になると思われます。潤沢なリソースでなく限られたリソースでいかに知恵と工夫でやり繰りしながらより良いものとしていくかは、我々日本人が最も得意とするところだと思うんです。我慢・しょうがない・何とかしよう・こんな状況でも秩序と助け合いを大切に、それがむしろごく自然で当たり前のことと考える私たちを世界が応援支援してくれています。

自信と希望を持ってゆっくり歩いていきましょう。

-------------------------------------------------------------------------
1.復興に向けて

【3/20】
 ○マザー・テレサの名言から考える「今、自分にできること。」

【3/18】
 ○東北関東大震災で義心を感じる人へ 持続不可能な感情と継続可能なシステムについて
 ○皆の叡智で25%電力削減を達成しましょう

【3/14】
 ○被災者の役に立ちたいと考えている優しい若者たちへ~僕の浅はかな経験談~
 ○それでもなにかできることを。~昨日の続編

【3/13】
 ○あの恐怖と屈辱は、記憶よりさらに奥に刻みつけられてしまっている。
 ○未曾有の災害のときに

-------------------------------------------------------------------------
2.日本人の誇り

【3/14】
 ○日本在住ハッカー・起業家Patrick McKenzieから見た地震と日本の対応

【3/13】
 ○03.11 大惨事とミラクル
 ○がんがれ日本!!!

-------------------------------------------------------------------------
3.原発関連

【3/21】
 ○福島原発から遠くに退避したいときの考え方

【3/20】
 ○放射線は「甘く見過ぎず」「怖がりすぎず」

【3/19】
 ○福島原発で起きていること

【3/17】
 ○福島原発に関する見解と東京の安全性について

【3/16】
 ○政府には勇気を、マスメディアには冷静さを
-------------------------------------------------------------------------

投稿者 ゆきの父 : 23:26 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年01月03日

穏やかな新年

お天気に恵まれて穏やかな新年を迎えました。今回の年末年始も名古屋の母が出てきてくれましたので、こちら横浜でのんびりと過ごしています。午年の私は今年は良い年になるそうなので、是非、肖りたいと思います。

1/2に母と家族で鎌倉へ出かけてきました。大仏さまを拝見するのは10年ぶりくらいです。いいお顔です。じっと心の奥まで見通しておられるように感じ、やはり見るほうの自分がこの間にそれなりに変わってきた証なのでしょう。

お天気が良くて、写真もきれいに撮れました。右下の端からお兄ちゃんと夏、お母さんです。
100102-1.jpg

大仏さまの後は、長谷寺を拝観しました。観音様や大黒様、千体地蔵をお参りさせて頂き、心がすっと落ち着いた感じになるものですね。

その長谷寺のお庭に、とても愛らしいお地蔵さまがいらっしゃいました。
100102-2.jpg

思わず、立ち止まって見入ってしまう愛らしさです。

帰宅してから調べて分かったのですが、長谷寺には他にも三ヶ所、お地蔵さまがいらっしゃるとのこと。是非拝見したいものです。詳しくはこちらのブログ(「石んこ地蔵さま」)に愛らしい写真が出ています。いつかお墓を建てるときは、是非、このお地蔵さまに友紀野の傍に居て頂きたいなぁと思います。

どうか今年一年、良い年でありますように。

投稿者 ゆきの父 : 23:26 | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月06日

今年はマロンロール

今日はとてもよい天気。昨日は雨でしたからよけいに清清しく感じます。

夏ちゃんがバトンのイベント参加で朝から出かけて、お母さんを会場まで車で送って、私は会場近くの島忠をブラブラしながら待っておりました。なかなかの品揃えで待ち時間も気にせず楽しめましたよ。ホームセンターって見て歩くだけでも発見があって面白いところです。

出演が終わって、バトンの仲間を一緒に乗せて近所まで送って、それからゆきちゃんのケーキを買出しに行きました。お誕生日のプレゼントは、DSの「ともだちコレクション」を昨日ゲット済みです。

今年のケーキは、マロンロールにしました。ちょっとビターで美味しかったです。
091206-1.jpg

12歳ですからねぇ。来年は中学生ですよ!何だか想像できません。今でもあの日のままの姿なのですが、お空の上では、相変わらずおしゃまで、おせっかいやきで、楽しんでいるのかしら。

お母さんがさっそく、「ともだちコレクションでゆきちゃんのMii作って」と言って、夏ちゃんが作ってくれてるようです。1階のリビングから大笑いする声が聞こえてます。どんなゆきちゃんのMiiになったのかしら。楽しみです。

投稿者 ゆきの父 : 21:26 | コメント (0) | トラックバック (0)